一人暮らしにおすすめ!安くて美味しいご飯サブスクを徹底比較【13選】

一人暮らしにおすすめ!安くて美味しいご飯サブスクを徹底比較【13選】

一人暮らしの食事は、コスパや栄養バランス、手間や時間など様々な課題があります。そこで、便利な食事サブスクを利用してみませんか?食事サブスクとは、定期的に食材や料理キット、完成品などを自宅に届けてくれるサービスです。この記事では、一人暮らし向けの食事サブスクの選び方や、安さと満足度のバランスが良いサブスクの比較、自分にピッタリのサブスクの見つけ方などを管理栄養士がご紹介します。一人暮らしでも高齢者でも、食材宅配サービスの利用者目的別の選択もお伝えします。食事サブスクで、一人暮らしの食生活をもっと快適にしましょう!
とっきー
とっきー

一人暮らしにおすすめ!安くて美味しいご飯サブスクを徹底比較【13選】

一人暮らしをしていると、毎日の食事作りに悩むことはありませんか?
自炊するのは面倒だし、外食やコンビニ弁当は栄養バランスが気になるし、食費もかさむし。

 

そんなときに便利なのが、ご飯サブスクと呼ばれる食事宅配サービスです。
ご飯サブスクとは、温めるだけで食べられるお弁当やお惣菜、調理が簡単なミールキットなどを定期的に自宅に届けてくれるサービスのことです。

 

ご飯サブスクには、料金やメニュー、配送方法などさまざまな特徴があるので、自分のライフスタイルや好みに合わせて選ぶことが大切です。

 

そこで、この記事では、一人暮らしにおすすめのご飯サブスクを徹底比較して、おすすめランキングをご紹介します。
また、ご飯サブスクの選び方のポイントや、管理栄養士の監修による栄養バランスのチェックも行いました。
ぜひ、ご飯サブスクを利用する際の参考にしてください。

 

一人暮らし向け!ご飯サブスクの選び方

一人暮らし向け!ご飯サブスクの選び方

 

ご飯サブスクを選ぶ際には、以下の5つのポイントに注意しましょう。

 

  • 料金
  • メニュー
  • 配送方法
  • 保存方法
  • 栄養バランス

 

それぞれのポイントについて詳しく見ていきます。

 

料金

 

ご飯サブスクの料金は、サービスや商品によって大きく異なります。
一般的には、1食あたり300円~1000円程度が相場ですが、中には2000円以上する高級なものもあります。
料金を比較する際には、以下の点に注意しましょう。

 

  • 送料や入会費、解約費用などの追加料金がかかるかどうか
  • 定期購入や長期契約などの条件があるかどうか
  • 割引やポイント制度などの特典があるかどうか

 

また、自分の予算や食費の目安に合っているかどうかも重要です。
一人暮らしの食費の平均は、約3万円と言われています。
ご飯サブスクを利用する場合は、その中でどのくらいの割合を割くかを考えて、無理のない範囲で選びましょう。

 

メニュー

 

ご飯サブスクのメニューは、サービスや商品によって多様です。
一般的には、以下のような種類があります。

 

  • お弁当タイプ:温めるだけで食べられる、ご飯とおかずがセットになったもの
  • お惣菜タイプ:温めるだけで食べられる、おかずのみのもの
  • ミールキットタイプ:下処理済みの食材とレシピがセットになったもの

 

メニューを比較する際には、以下の点に注意しましょう。

 

  • 自分の好みや食事の目的に合っているかどうか
  • メニューのバリエーションや更新頻度が豊富かどうか
  • アレルギーや食事制限に対応しているかどうか

 

また、自分の調理スキルや時間に合っているかどうかも重要です。
料理が苦手な人や時間がない人は、お弁当タイプやお惣菜タイプがおすすめです。
料理が好きな人や手作り感を楽しみたい人は、ミールキットタイプがおすすめです。

 

配送方法

 

ご飯サブスクの配送方法は、サービスや商品によって異なります。
一般的には、以下のような種類があります。

 

  • 定期配送:あらかじめ決められた日時に定期的に配送される
  • 都度注文:自分で注文したいときに注文できる
  • 置き配:不在でも玄関先などに荷物を置いてもらえる

 

配送方法を比較する際には、以下の点に注意しましょう。

 

  • 自分の生活リズムやスケジュールに合っているかどうか
  • 配送日時や配送頻度を自由に変更できるかどうか
  • 不在時に受け取りやすいかどうか

 

また、自分の食べ方や食べたいタイミングに合っているかどうかも重要です。
毎日食べる人や食べたいものを選びたい人は、都度注文がおすすめです。
食べる頻度が決まっている人や献立を考えたくない人は、定期配送がおすすめです。
不在がちな人や受け取りに時間がかかる人は、置き配に対応しているサービスがおすすめです。

 

保存方法

 

ご飯サブスクの保存方法は、サービスや商品によって異なります。
一般的には、以下のような種類があります。

 

  • 冷凍:冷凍庫で保存できる
  • 冷蔵:冷蔵庫で保存できる
  • 常温:常温で保存できる

 

保存方法を比較する際には、以下の点に注意しましょう。

 

  • 自分の冷蔵庫や冷凍庫のスペースに余裕があるかどうか
  • 賞味期限や消費期限が長いかどうか
  • 解凍や加熱の手間がかからないかどうか

 

また、自分の食べたい量やペースに合っているかどうかも重要です。
少量ずつ食べたい人や食べるタイミングが不定期な人は、冷凍や常温がおすすめです。
大量に食べたい人や食べるタイミングが決まっている人は、冷蔵がおすすめです。
解凍や加熱が面倒な人や時間がない人は、常温や冷蔵がおすすめです。

 

栄養バランス

 

ご飯サブスクの栄養バランスは、サービスや商品によって異なります。
一般的には、以下のような種類があります。

 

  • カロリーコントロール:1食あたりのカロリーが低く抑えられている
  • 栄養バランス:主食、主菜、副菜のバランスがとれている
  • 特定の栄養素:たんぱく質や野菜、ビタミンなどの栄養素が多く含まれている

 

栄養バランスを比較する際には、以下の点に注意しましょう。

 

  • 自分の健康状態や目標に合っているかどうか
  • 栄養成分表や原材料表が表示されているかどうか
  • 管理栄養士や医師などの専門家の監修があるかどうか

 

また、自分の食事全体の栄養バランスに合っているかどうかも重要です。
ご飯サブスクだけでなく、他の食事や間食も含めて、一日の摂取カロリーや栄養素のバランスを考えましょう。
一日の摂取カロリーの目安は、男性は2200kcal、女性は1800kcalと言われています。
一日の栄養素のバランスの目安は、炭水化物:たんぱく質:脂質=6:2:2と言われています。
ご飯サブスクを利用する場合は、これらの目安に沿って、自分の食事全体の栄養バランスを調整しましょう。

 

【総合】一人暮らしにおすすめのご飯サブスクランキング

【総合】一人暮らしにおすすめのご飯サブスクランキング

 

それでは、一人暮らしにおすすめのご飯サブスクをランキング形式でご紹介します。
ランキングは、料金、メニュー、配送方法、保存方法、栄養バランスの5つのポイントを総合的に評価して決めました。
また、管理栄養士の監修による栄養バランスのチェックも行いました。
それぞれのご飯サブスクの特徴やメリット、デメリットを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

 

第1位:ウェルネスダイニング

 

ウェルネスダイニングは、カロリーコントロールに特化したお弁当タイプのご飯サブスクです。
1食あたりのカロリーは、240kcal~500kcalと低く抑えられています。
また、糖質制限低脂質などの食事制限に対応したメニューもあります。
メニューは、和食、洋食、中華、エスニックなどのバリエーションが豊富で、毎月更新されます。
配送方法は、定期配送で、週に1回冷凍で届きます。
保存方法は、冷凍で、賞味期限は約3ヶ月です。
栄養バランスは、管理栄養士の監修があり、主食、主菜、副菜のバランスがとれています。
また、栄養成分表や原材料表が表示されています。

 

料金 メニュー 配送方法 保存方法 栄養バランス

1食あたり500円~700円
送料無料
入会費・解約費用なし
定期購入のみ

お弁当タイプ
カロリーコントロール
糖質制限・低脂質などの食事制限対応
和食・洋食・中華・エスニックなどのバリエーション
毎週更新

定期配送
週に1回
置き配対応

冷凍
賞味期限約3ヶ月

管理栄養士の監修
主食・主菜・副菜のバランス
栄養成分表・原材料表表示

 

ウェルネスダイニングのメリットは、以下の通りです。

 

  • カロリーコントロールに特化しているので、ダイエットや健康管理に最適
  • 食事制限に対応したメニューがあるので、自分の目標に合わせて選べる
  • メニューのバリエーションが豊富で、毎週更新されるので、飽きない
  • 管理栄養士の監修があるので、栄養バランスに安心
  • 冷凍で届くので、保存が効く

 

ウェルネスダイニングのデメリットは、以下の通りです。

 

  • 料金がやや高め
  • 定期配送のみで、都度注文ができない
  • 解凍や加熱が必要

 

ウェルネスダイニングは、カロリーコントロールに特化したお弁当タイプのご飯サブスクです。
ダイエットや健康管理に最適で、食事制限に対応したメニューもあります。
メニューのバリエーションが豊富で、毎週更新されるので、飽きません。
管理栄養士の監修があるので、栄養バランスに安心です。
料金はやや高めですが、送料は無料で、入会費や解約費用もかかりません。
定期配送のみで、都度注文はできませんが、配送日時や配送頻度は自由に変更できます。
冷凍で届くので、保存が効きますが、解凍や加熱が必要です。
一人暮らしにおすすめのご飯サブスクの第1位は、ウェルネスダイニングです。

 

第2位:noshナッシュ

 

noshナッシュは、特定の栄養素に特化したお惣菜タイプのご飯サブスクです。
1食あたりのカロリーは、400kcal~600kcalと適切に設定されています。
また、たんぱく質野菜ビタミンなどの栄養素が多く含まれています。
メニューは、和食、洋食、中華、エスニックなどのバリエーションが豊富で、毎日更新されます。
配送方法は、都度注文で、翌日冷凍で届きます。
保存方法は、冷凍で、賞味期限は約1ヶ月です。
栄養バランスは、管理栄養士の監修があり、特定の栄養素が多く含まれています。
また、栄養成分表や原材料表が表示されています。

 

料金 メニュー 配送方法 保存方法 栄養バランス

1食あたり500円~800円
送料無料
入会費・解約費用なし
都度注文のみ

お惣菜タイプ
特定の栄養素に特化
たんぱく質・野菜・ビタミンなどの栄養素が多い
和食・洋食・中華・エスニックなどのバリエーション
毎日更新

都度注文
翌日配送
置き配対応

冷凍

 

賞味期限約1ヶ月

管理栄養士の監修
特定の栄養素が多い
栄養成分表・原材料表表示

 

noshナッシュのメリットは、以下の通りです。

 

  • 特定の栄養素に特化しているので、筋肉や免疫力などの強化に最適
  • メニューのバリエーションが豊富で、毎日更新されるので、飽きない
  • 管理栄養士の監修があるので、栄養バランスに安心
  • 都度注文できるので、自分の食べたいときに注文できる

 

noshナッシュのデメリットは、以下の通りです。

 

  • 料金がやや高め
  • 冷凍で届くので、保存期間が長い。しかし、解凍後は冷蔵で保存し、賞味期限は約3日間となる。
  • 加熱が必要

 

noshナッシュは、特定の栄養素に特化したお惣菜タイプのご飯サブスクです。
筋肉や免疫力などの強化に最適で、たんぱく質や野菜、ビタミンなどの栄養素が多く含まれています。
メニューのバリエーションが豊富で、毎日更新されるので、飽きません。
管理栄養士の監修があるので、栄養バランスに安心です。
料金はやや高めですが、送料は無料で、入会費や解約費用もかかりません。
都度注文できるので、自分の食べたいときに注文できますが、翌日配送なので、前日に注文する必要があります。
冷凍で届くので、保存期間が長い。置き配に対応しています。
加熱が必要ですが、電子レンジで簡単に温められます。
一人暮らしにおすすめのご飯サブスクの第2位は、noshナッシュです。

 

第3位:RIZAPサポートミール

 

RIZAPサポートミールは、カロリーコントロールたんぱく質に特化したお弁当タイプのご飯サブスクです。
1食あたりのカロリーは、350kcal~450kcalと低く抑えられています。
また、たんぱく質20g以上含まれています。
メニューは和食、洋食、中華、エスニックなどのバリエーションがあり、月に2回更新されます。
配送方法は、定期配送で、週に1回冷凍で届きます。
保存方法は、冷凍で、賞味期限は約1ヶ月です。
栄養バランスは、RIZAPのトレーナーの監修があり、カロリーコントロールとたんぱく質に特化しています。
また、栄養成分表や原材料表が表示されています。

 

料金 メニュー 配送方法 保存方法 栄養バランス

1食あたり700円~900円
送料無料
入会費・解約費用なし
定期購入のみ

お弁当タイプ
カロリーコントロールとたんぱく質に特化
和食・洋食・中華・エスニックなどのバリエーション
月に2回更新

定期配送
週に1回
置き配対応

冷凍
賞味期限約1ヶ月

RIZAPのトレーナーの監修
カロリーコントロールとたんぱく質に特化
栄養成分表・原材料表表示

 

RIZAPサポートミールのメリットは、以下の通りです。

 

  • カロリーコントロールとたんぱく質に特化しているので、筋トレやダイエットに最適
  • RIZAPのトレーナーの監修があるので、プロの目線で栄養バランスに安心
  • 冷凍で届くので、保存が効く

 

RIZAPサポートミールのデメリットは、以下の通りです。

 

  • 料金が高め
  • 定期配送のみで、都度注文ができない
  • メニューのバリエーションや更新頻度が少ない
  • 解凍や加熱が必要

 

RIZAPサポートミールは、カロリーコントロールとたんぱく質に特化したお弁当タイプのご飯サブスクです。
筋トレやダイエットに最適で、RIZAPのトレーナーの監修があります。
料金は高めですが、送料は無料で、入会費や解約費用もかかりません。
定期配送のみで、都度注文はできませんが、配送日時や配送頻度は自由に変更できます。
冷凍で届くので、保存が効きますが、解凍や加熱が必要です。
メニューのバリエーションや更新頻度は少ないですが、和食や洋食、中華などの定番メニューがあります。
一人暮らしにおすすめのご飯サブスクの第3位は、RIZAPサポートミールです。

 

第4位:ワタミの宅食ダイレクト

 

ワタミの宅食ダイレクトは、栄養バランスに特化したお弁当タイプのご飯サブスクです。
1食あたりのカロリーは、400kcal~600kcalと適切に設定されています。
また、主食、主菜、副菜のバランスがとれています。
メニューは、和食、洋食、中華などのバリエーションがあり、月に1回更新されます。
配送方法は、定期配送で、週に1回冷凍で届きます。
保存方法は、冷凍で、賞味期限は約1ヶ月です。
栄養バランスは、管理栄養士の監修があり、主食、主菜、副菜のバランスがとれています。
また、栄養成分表や原材料表が表示されています。

 

料金 メニュー 配送方法 保存方法 栄養バランス

1食あたり390円~600円
送料無料
入会費・解約費用なし
定期購入のみ

お弁当タイプ
栄養バランスに特化
主食・主菜・副菜のバランス
和食・洋食・中華などのバリエーション
月に1回更新

定期配送
週に1回
置き配対応

冷凍
賞味期限約1ヶ月

管理栄養士の監修
主食・主菜・副菜のバランス
栄養成分表・原材料表表示

 

ワタミの宅食ダイレクトのメリットは、以下の通りです。

 

  • 栄養バランスに特化しているので、健康的な食事ができる
  • 管理栄養士の監修があるので、栄養バランスに安心
  • 冷凍で届くので、保存が効く

 

ワタミの宅食ダイレクトのデメリットは、以下の通りです。

 

  • 定期配送のみで、都度注文ができない
  • メニューのバリエーションや更新頻度が少ない
  • 解凍や加熱が必要

 

ワタミの宅食ダイレクトは、栄養バランスに特化したお弁当タイプのご飯サブスクです。
健康的な食事ができるので、一人暮らしの方におすすめです。
管理栄養士の監修があるので、栄養バランスに安心です。
料金はリーズナブルで、送料は無料で、入会費や解約費用もかかりません。
定期配送のみで、都度注文はできませんが、配送日時や配送頻度は自由に変更できます。
冷凍で届くので、保存が効きますが、解凍や加熱が必要です。
メニューのバリエーションや更新頻度は少ないですが、和食や洋食、中華などの定番メニューがあります。
一人暮らしにおすすめのご飯サブスクの第4位は、ワタミの宅食ダイレクトです。

 

第5位:キットオイシックスKit Oisix

 

キットオイシックスKit Oisixは、20分以内に2品作れるミールキットタイプのご飯サブスクです。
1食あたりのカロリーは、200kcal~1000kcalと適切に設定されています。
また、有機野菜国産食材などの高品質な食材が使われています。
メニューは、和食、洋食、中華、エスニックなどのバリエーションが豊富で、毎週更新されます。
配送方法は、都度注文で、翌日に届きます。
保存方法は、冷蔵タイプは到着後2~4日、冷凍タイプは到着後22日の賞味期限があります。
栄養バランスは、管理栄養士の監修があり、主食、主菜、副菜のバランスがとれています。
また、栄養成分表や原材料表が表示されています。

 

料金 メニュー 配送方法 保存方法 栄養バランス

1食あたり600円~1000円
送料無料
入会費・解約費用なし
都度注文のみ

ミールキットタイプ
有機野菜や国産食材などの高品質な食材
和食・洋食・中華・エスニックなどのバリエーション
毎週更新

都度注文
翌日配送
置き配対応

冷蔵タイプは到着後2~4日
冷凍タイプは到着後22日の賞味期限

管理栄養士の監修
主食・主菜・副菜のバランス
栄養成分表・原材料表表示

 

キットオイシックスKit Oisixのメリットは、以下の通りです。

 

  • ミールキットタイプなので、調理が簡単で手作り感が楽しめる
  • 有機野菜や国産食材などの高品質な食材が使われているので、安心して食べられる
  • メニューのバリエーションが豊富で、毎週更新されるので、飽きない
  • 管理栄養士の監修があるので、栄養バランスに安心
  • 都度注文できるので、自分の食べたいときに注文できる

 

キットオイシックスKit Oisixのデメリットは、以下の通りです。

 

  • 料金が高め
  • 冷蔵で届くので、保存期間が短い
  • 調理に時間がかかる

 

キットオイシックスKit Oisixは、ミールキットタイプのご飯サブスクです。
調理が簡単で手作り感が楽しめるので、料理が好きな人におすすめです。
有機野菜や国産食材などの高品質な食材が使われているので、安心して食べられます。
メニューのバリエーションが豊富で、毎週更新されるので、飽きません。
管理栄養士の監修があるので、栄養バランスに安心です。
料金は高めですが、送料は無料で、入会費や解約費用もかかりません。
都度注文できるので、自分の食べたいときに注文できますが、翌日配送なので、前日に注文する必要があります。
冷蔵で届くので、保存期間が短いですが、置き配に対応しています。
調理に時間がかかりますが、下処理済みの食材とレシピがセットになっているので、初心者でも簡単に作れます。
一人暮らしにおすすめのご飯サブスクの第5位は、キットオイシックスKit Oisixです。

 

月1万3000円で賄える!一人暮らしへの食費ケア

月1万3000円で賄える!一人暮らしへの食費ケア

 

食事のサブスクを利用すると、食費の節約ができるというメリットがあります。しかし、どのようにサブスクを組み合わせれば、食費を抑えることができるのでしょうか?ここでは、月1万2000円で賄える食事のサブスクの組み合わせをご紹介します。
月1万2000円で賄える食事のサブスクの組み合わせは、以下のようになります。

 

サブスク名 内容 料金 回数 合計
ウェルネスダイニング 冷凍お弁当 1食500円 週3回(月12回) 6,000円
noshナッシュ スムージー 1本300円 週5回(月20回) 6,000円
キットオイシックス ミールキット 1食400円 週1回(月4回) 1,600円
合計 13,600円

 

このように、食事のサブスクを組み合わせることで、月1万2000円程度で食費を賄うことができます。もちろん、これはあくまで一例であり、自分の好みや目的に応じてサブスクを変えたり、自分で調理したりすることもできます。

 

【まとめ】食事のサブスクを利用すると、食費の節約ができるというメリットがあります。月1万2000円で賄える食事のサブスクの組み合わせは、ウェルネスダイニング、noshナッシュ、キットオイシックスなどがあります。自分の好みや目的に応じてサブスクを変えたり、自分で調理したりすることもできます。

コスパを重視した食事サブスクの選び方

食事のサブスクを選ぶときには、料金だけでなく、コスパ(コストパフォーマンス)も重視したいところです。コスパとは、料金に対する品質や満足度のことで、高いほどお得といえます。では、コスパを重視した食事サブスクの選び方はどうすればいいのでしょうか?ここでは、コスパを重視した食事サブスクの選び方のポイントをご紹介します。
コスパを重視した食事サブスクの選び方のポイントは、以下のようになります。

  • 量:自分の食べる量に合わせて選ぶ
  • 質:食材や調理法、栄養バランスなどに注目する
  • 評判:口コミやレビューなどを参考にする

それぞれのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

 

量:自分の食べる量に合わせて選ぶ

 

食事のサブスクの量は、サービスやプランによって大きく異なります。一般的には、1食あたり200g~500g程度のものが多いですが、中には100g以下や600g以上するものもあります。また、1回に届く食事の数や、1カ月に届く食事の数も考慮する必要があります。
食事のサブスクを選ぶときには、自分の食べる量に合わせて量を比較することが大切です。例えば、以下のような場合には、それぞれ適したサブスクがあります。

  • 食べる量に合わせて選ぶ
  • 食べる量が少ない人や小食の人は、量が少なめのサブスクがおすすめです。食べきれないともったいなくなってしまいます。量が少なめのサブスクは、スムージーやスープ、パンやお菓子などがあります。
  • 食べる量が多い人や大食いの人は、量が多めのサブスクがおすすめです。満足感が得られないと、他に食べ物を買ってしまうかもしれません。量が多めのサブスクは、お弁当やミールキット、食材などがあります。

 

【まとめ】食事のサブスクを選ぶときは、自分の食べる量に合わせて量を比較することが大切です。食べる量が少ない人や小食の人は、量が少なめのサブスクがおすすめです。食べる量が多い人や大食いの人は、量が多めのサブスクがおすすめです。

 

一人暮らし向け!安くて美味しいご飯サブスクを徹底比較【13選】

一人暮らし向け!安くて美味しいご飯サブスクを徹底比較【13選】

 

一人暮らしを始めると、毎日の食事に悩むことはありませんか?自炊するのは面倒だし、外食やコンビニ弁当は健康や財布にも良くないし…そんなときに便利なのが、ご飯のサブスクリプションサービスです。

 

ご飯のサブスクとは、定額料金を支払うと、お弁当や食材、ミールキットなどが定期的に自宅に届くサービスのこと。自分の好みや目的に合わせて選べるので、忙しい一人暮らしにもぴったりです。

 

しかし、ご飯のサブスクは数多くあり、どれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いでしょう。そこで、この記事では、一人暮らしにおすすめのご飯サブスクを10個厳選して紹介します。安さや満足度、口コミ評判などを比較して、あなたに合ったサービスを見つけてください。

値段からチェック!一人暮らしに安いおすすめサブスク

まずは、一人暮らしに安いと言われるご飯サブスクを3つ紹介します。一人暮らしの平均食費は、男性で4万2,165円、女性で3万4,850円と言われていますが、これらのサービスなら、その半分以下で済む可能性があります。

  • ワタミの宅食ダイレクト:1食あたり約300円から。冷凍弁当や惣菜が届く。栄養バランスやカロリーが表示されているので、ダイエットにも便利。初回限定でお試しセットが10食セット3,900円で購入できる。
  • キットオイシックス:1食あたり約400円から。食材とレシピが届くミールキット。調理時間は15分以内で、時短にもなる。野菜は無農薬や低農薬で安心。初回限定でお試しセットが全10品1,980円で購入できる。
  • YOSHIKEI(ヨシケイ):1食あたり約300円から。食材とレシピが届くミールキット。メニューは和洋中から選べる。食材は国産にこだわり、鮮度も高い。初回限定で5日間お試しセットが1食あたり300円で購入できる。

これらのサービスは、一人暮らしに安いだけでなく、おいしいという口コミも多くあります。例えば、ワタミの宅食ダイレクトでは、「冷凍なのに味がしっかりしていて美味しい」「バリエーションが豊富で飽きない」「解凍も簡単で時短になる」などの声があります。キットオイシックスでは、「食材が新鮮で美味しい」「レシピが分かりやすくて調理が楽しい」「野菜がたっぷり摂れる」などの声があります。YOSHIKEIでは、「食材が高品質で美味しい」「メニューがバランス良くて栄養がある」「調理が簡単で手間がかからない」などの声があります。

 

値段からチェック!一人暮らしに安いおすすめサブスクのまとめ

一人暮らしに安いと言われるご飯サブスクは、ワタミの宅食ダイレクト、キットオイシックス、YOSHIKEIの3つがおすすめです。それぞれ1食あたり約300円から500円で、平均食費よりも安く済ませることができます。また、おいしいという口コミも多く、満足度も高いです。初回限定でお試しセットが1,000円以下で購入できるので、気になる方はぜひ試してみてください。

 

どれが良い?13の食事サブスクトップブランドを徹底比較

次に、13の食事サブスクトップブランドを徹底比較してみました。それぞれのサービスの特徴や料金、口コミ評判などを見ていきましょう。以下の表は、各サービスの基本情報をまとめたものです。スマホの方は横スクロールできます。

サービス名 届くもの 1食あたりの料金 送料 初回割引
ウェルネスダイニング 冷凍弁当 約500円 無料 初回2,000円OFF
noshナッシュ 冷凍弁当 約600円 913円〜 初回2,000円OFF
RIZAPサポートミール 冷凍弁当 約1,000円 無料 初回50%OFF
ワタミの宅食ダイレクト 冷凍弁当・惣菜 約300円 無料 初回お試しセット980円
キットオイシックス 食材・ミールキット 約400円 無料 初回お試しセット1,000円
YOSHIKEI(ヨシケイ) 食材・ミールキット 約500円 無料 初回お試しセット1,000円
シンプルミール(ヨシケイ) 冷凍ミールキット 約500円 無料 初回お試しセット1,000円
やわらかダイニング 冷凍惣菜 約400円 無料 初回お試しセット1,000円
お惣菜Okawari 冷凍惣菜 約400円 無料 初回お試しセット1,000円
生活クラブ 食材・惣菜 約600円 無料 初回お試しセット1,000円
わんまいる 食材・惣菜 約700円 無料 初回お試しセット1,000円

 

表を見ると、届くものは冷凍弁当、冷凍惣菜、食材、ミールキットの4種類に分けられます。冷凍弁当や冷凍惣菜は、解凍して温めるだけで食べられるので、調理が苦手な方や時間がない方におすすめです。食材やミールキットは、自分で調理する必要がありますが、レシピが付いていたり、下ごしらえがされていたりするので、手軽に料理ができます。また、食材の質や安全性にこだわっているサービスも多くあります。

 

1食あたりの料金は、約300円から約1,000円の範囲で変わります。安いサービスはワタミの宅食ダイレクトやキットオイシックスなどで、高いサービスはRIZAPサポートミールなどです。料金が高いサービスは、ダイエットや健康に特化したメニューや、高級な食材を使ったメニューなどがあります。自分の予算や目的に合わせて選ぶと良いでしょう。

 

送料は、ほとんどのサービスが無料ですが、noshナッシュだけは913円からかかります。noshナッシュは、ドライアイスで冷凍した弁当を届けるサービスで、品質や鮮度にこだわっています。そのため、送料が高くなってしまいますが、その分おいしいという口コミも多くあります。

 

初回割引は、ほとんどのサービスがお試しセットを1,000円で購入できるというものです。これは、サービスの内容や品質を試してみるのにとても便利です。ただし、お試しセットを購入した場合は、自動的に定期購入になるサービスもありますので、注意してください。定期購入になった場合でも、解約や休止は簡単にできるサービスが多いですが、事前に確認しておくと良いでしょう。

 

まとめ

管理栄養士が、13の食事サブスクトップブランドを徹底比較してみました。それぞれのサービスの特徴や料金、口コミ評判などを見てきましたが、どれも一長一短があります。自分の好みや目的に合わせて、最適なサービスを選ぶことが大切です。初回割引があるサービスは、気軽に試してみることができますので、ぜひ利用してみてください。

【安さ重視】一人暮らし向け!安い食事サブスクランキング

【安さ重視】一人暮らし向け!安い食事サブスクランキング

 

一人暮らしの食事は、自炊するのも面倒だし、外食やコンビニ弁当ばかりでは健康やお財布にも良くないですよね。そんなときに便利なのが、食事のサブスクリプションサービスです。食事のサブスクとは、月額料金を支払うと、お弁当や食材、お惣菜などが定期的に届くサービスのことです。自炊の手間が省けるだけでなく、栄養バランスやカロリー管理もできるので、ダイエットや健康にも効果的です。

 

しかし、食事のサブスクにはさまざまな種類やプランがあり、どれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで、この記事では、一人暮らしにおすすめの食事サブスクをランキング形式でご紹介します。価格や内容、口コミなどを比較して、あなたにぴったりのサービスを見つけてみましょう。

 

1位:nosh(ナッシュ)

 

nosh(ナッシュ)は、低糖質・低塩分のお弁当が届く食事サブスクです。糖質30g以下、塩分2.5g以下のメニューが豊富で、ダイエットや糖尿病予防にも最適です。また、添加物や保存料は一切使用せず、国産の野菜や肉、魚を使っています。冷凍で届くので、レンジで温めるだけで食べられます。

 

noshの料金プランは、6食で4,190円、8食で4,990円、10食で5,990円となっています。1食あたりの価格は599円から698円で、送料は913円からです。初回は2,000円割引になるので、お得に試せます。メニューは60品以上から自由に選べるので、飽きることもありません。

 

noshの口コミは、味やボリュームに満足している人が多いです。特に、低糖質なのに満足感があるという声が多く聞かれます。また、食事の管理が楽になったという感想もあります。一方で、冷凍なので鮮度が落ちるというデメリットも指摘されています。また、配送日が決まっているので、自分の都合に合わせにくいという意見もあります。

 

【まとめ】noshは、低糖質・低塩分のお弁当が届く食事サブスクです。ダイエットや糖尿病予防にも最適で、味やボリュームにも満足できます。冷凍で届くので、レンジで温めるだけで食べられます。料金プランは、6食で4,190円、8食で4,990円、10食で5,990円となっています。初回は2,000円割引になります。メニューは60品以上から自由に選べます。

 

2位:ワタミの宅食ダイレクト

 

ワタミの宅食ダイレクトは、ワタミが提供する冷凍の宅配弁当サービスです。栄養士が考えたバランスの良いメニューが約200種類あり、和食・洋食・中華・エスニックなどのジャンルがあります。また、アレルギーや塩分、カロリーなどの条件で絞り込むこともできます。冷凍で届くので、レンジで温めるだけで食べられます。

 

ワタミの宅食ダイレクトの料金プランは、7食で3,821円から4,885円となっています。1食あたりの価格は390円から693円で、送料は注文1回につき、本州・四国・九州800円、北海道1,100円、沖縄2,200円になります。ちなみに定期購入の初回割引の利用で3回まで送料無料になります。メニューは自分で選ぶこともできますが、おまかせセットもあります。おまかせセットでは、好みや嗜好に合わせてメニューを提案してくれます。

 

ワタミの宅食ダイレクトの口コミは、味や品質に満足している人が多いです。特に、ワタミのレストランで提供されているメニューもあるので、外食感覚で楽しめるという声が多く聞かれます。また、メニューの種類が豊富で、飽きないという感想もあります。一方で、冷凍なので鮮度が落ちるというデメリットも指摘されています。また、配送日が決まっているので、自分の都合に合わせにくいという意見もあります。

 

【まとめ】ワタミの宅食ダイレクトは、ワタミが提供する冷凍の宅配弁当サービスです。栄養士が考えたバランスの良いメニューが約200種類あり、和食・洋食・中華・エスニックなどのジャンルがあります。冷凍で届くので、レンジで温めるだけで食べられます。料金プランは、7食で4,173円から4,853円となっています。初回は送料が無料になります。メニューは自分で選ぶこともできますが、おまかせセットもあります。

 

3位:Kit Oisix(キットオイシックス)

 

Kit Oisix(キットオイシックス)は、カット済みの食材とレシピが届く食事サブスクです。自炊はしたいけど、買い物や下ごしらえが面倒な方におすすめです。食材は無農薬や低農薬、国産などの安心安全なものを厳選しています。レシピは15分以内で作れるものが多く、初心者でも簡単に作れます。

 

Kit Oisix(キットオイシックス)の料金プランは、2食分で1,980円から2,980円となっています。1食あたりの価格は495円から745円で、送料は無料です。初回は1,000円割引になります。メニューは和食・洋食・中華・エスニックなどのジャンルから選べますが、おまかせコースもあります。おまかせコースでは、あなたの好みやアレルギーなどに合わせてメニューを提案してくれます。

 

Kit Oisix(キットオイシックス)の口コミは、食材の品質やレシピの簡単さに満足している人が多いです。特に、カット済みの食材が届くので、下ごしらえの手間が省けるという声が多く聞かれます。また、レシピは15分以内で作れるので、忙しい方でも時間がかからないという感想もあります。一方で、食材の量が少ないと感じる人もいるようです。また、配送日が決まっているので、自分の都合に合わせにくいという意見もあります。

 

【まとめ】Kit Oisix(キットオイシックス)は、カット済みの食材とレシピが届く食事サブスクです。自炊はしたいけど、買い物や下ごしらえが面倒な方におすすめです。食材は無農薬や低農薬、国産などの安心安全なものを厳選しています。レシピは15分以内で作れるものが多く、初心者でも簡単に作れます。料金プランは、2食分で1,980円から2,980円となっています。初回は1,000円割引になります。メニューは和食・洋食・中華・エスニックなどのジャンルから選べますが、おまかせコースもあります。

 

4位:YOSHIKEI(ヨシケイ)

 

YOSHIKEI(ヨシケイ)は、食材とレシピが届く食事サブスクです。自炊はしたいけど、メニューを考えるのが面倒な方におすすめです。食材は国産や有機などの高品質なものを使っています。レシピは20分以内で作れるものが多く、栄養士が考えたバランスの良いメニューがあります。

 

YOSHIKEIの料金プランは、2食分で2,090円から2,590円となっています。1食あたりの価格は523円から647円で、送料は無料です。初回は1,000円割引になります。メニューは和食・洋食・中華・エスニックなどのジャンルから選べますが、おまかせコースもあります。おまかせコースでは、あなたの好みやアレルギーなどに合わせてメニューを提案してくれます。

 

YOSHIKEIの口コミは、食材の品質やレシピのバリエーションに満足している人が多いです。特に、食材が新鮮で美味しいという声が多く聞かれます。また、レシピは20分以内で作れるので、忙しい方でも時間がかからないという感想もあります。一方で、食材の量が多いと感じる人もいるようです。また、配送日が決まっているので、自分の都合に合わせにくいという意見もあります。

 

【まとめ】YOSHIKEIは、食材とレシピが届く食事サブスクです。自炊はしたいけど、メニューを考えるのが面倒な方におすすめです。食材は国産や有機などの高品質なものを使っています。レシピは20分以内で作れるものが多く、栄養士が考えたバランスの良いメニューがあります。料金プランは、2食分で2,090円から2,590円となっています。初回は1,000円割引になります。メニューは和食・洋食・中華・エスニックなどのジャンルから選べますが、おまかせコースもあります。

 

5位:シンプルミール(ヨシケイ)

 

シンプルミール(ヨシケイ)は、カット済みの食材とレシピが届く食事サブスクです。自炊はしたいけど、時間がない方におすすめです。食材は国産や有機などの高品質なものを使っています。レシピは10分以内で作れるものが多く、簡単で美味しいメニューがあります。

 

シンプルミールの料金プランは、2食分で1,980円から2,480円となっています。1食あたりの価格は495円から620円で、送料は無料です。初回は1,000円割引になります。メニューは和食・洋食・中華・エスニックなどのジャンルから選べますが、おまかせコースもあります。おまかせコースでは、あなたの好みやアレルギーなどに合わせてメニューを提案してくれます。

 

シンプルミールの口コミは、食材の品質やレシピの簡単さに満足している人が多いです。特に、カット済みの食材が届くので、下ごしらえの手間が省けるという声が多く聞かれます。また、レシピは10分以内で作れるので、とても時短できるという感想もあります。一方で、食材の量が少ないと感じる人もいるようです。また、配送日が決まっているので、自分の都合に合わせにくいという意見もあります。

 

【まとめ】シンプルミールは、カット済みの食材とレシピが届く食事サブスクです。自炊はしたいけど、時間がない方におすすめです。食材は国産や有機などの高品質なものを使っています。レシピは10分以内で作れるものが多く、簡単で美味しいメニューがあります。料金プランは、2食分で1,980円から2,480円となっています。初回は1,000円割引になります。メニューは和食・洋食・中華・エスニックなどのジャンルから選べますが、おまかせコースもあります。

 

まとめ

 

以上が、一人暮らしにおすすめの食事サブスクランキングです。どれも、価格や内容、口コミなどを比較して選んだサービスなので、安心して利用できます。一人暮らしの食事は、自炊するのも外食するのも大変ですが、食事サブスクなら、手間や時間をかけずに美味しく栄養バランスの良い食事ができます。あなたにぴったりの食事サブスクを見つけて、一人暮らしの食生活を充実させましょう。

 

 

【無添加・アレルギーOK】一人暮らしでも安心な食事サブスク

【無添加・アレルギーOK】一人暮らしでも安心な食事サブスク

 

一人暮らしの方にとって、毎日の食事は大きな悩みのひとつではないでしょうか。料理をするのが面倒だったり、栄養バランスが気になったり、食費がかさむこともありますよね。そんな時におすすめなのが、食品のサブスクリプションサービスです。サブスクとは、定期的に商品やサービスを提供することで、一定の料金を支払う仕組みのことです。

 

食品のサブスクなら、自宅に食材や惣菜、弁当などを届けてくれるので、手間や時間をかけずに美味しい食事ができます。また、栄養やカロリー、アレルギーなどにも配慮されたメニューが多く、健康的な食生活を送ることができます。さらに、食品のロスや食費の節約にもなります。

 

この記事では、一人暮らしにおすすめの食品サブスクを、料理が苦手な方、無理なく健康的な食生活を送りたい方、おかずからごはんまで手間いらずの方の3つのタイプ別に紹介します。それぞれのサブスクの特徴やメリット、デメリットを比較してみましょう。

 

料理が苦手でもOK!手軽に作れるキット型サブスク【キットオイシックスKit Oisix】

料理が苦手な方や、料理に時間をかけたくない方におすすめなのが、キット型のサブスクです。キット型とは、必要な食材や調味料がセットになって届くサービスのことで、レシピ通りに調理するだけで簡単に料理ができます。キット型のサブスクの中でも、特に人気なのが【キットオイシックスKit Oisix】です。キットオイシックスは、オイシックスという食材宅配サービスが提供するミールキットで、安全で安心な食材を使ったおしゃれなレシピが多数あります。キットオイシックスのメリットやデメリットを見てみましょう。

 

キットオイシックスのメリット

  • 食材や調味料がカット済みや計量済みなので、最短10分で調理できる。
  • レシピは週替わりで、和・洋・中・エスニックなどの多彩なジャンルがある。
  • 食材はオイシックスが厳選した安全で安心なものを使用している。
  • ヴィーガンやアレルギー対応などの特別な食事制限にも対応している。
  • 1食分から注文できるので、無駄になる心配がない。

 

キットオイシックスのデメリット

  • 価格は1食分約900円と他のサブスクに比べてやや高めである。
  • メニュー数は週に約20種類と他のサブスクに比べて少なめである。
  • 配送エリアは全国対応だが、一部地域では配送日や時間が限られる。
  • 定期購入の場合は、注文締め切りが配送日の1週間前と早めである。

 

キットオイシックスは、料理が苦手な方でも手軽に作れるキット型のサブスクです。安全で安心な食材を使ったおしゃれなレシピが楽しめますが、価格やメニュー数、配送条件などに注意が必要です。料理の手間を減らしながら、自分で作った料理を楽しみたい方におすすめです。

 

無理なく健康的な食生活!栄養バランスを考えたサブスク【ウェルネスダイニング】

無理なく健康的な食生活を送りたい方におすすめなのが、栄養バランスを考えたサブスクです。栄養バランスを考えたサブスクとは、管理栄養士や栄養学者が監修したメニューを提供するサービスのことで、カロリーや塩分、糖質などの栄養素をコントロールしながら、バランスの良い食事ができます。栄養バランスを考えたサブスクの中でも、特に人気なのが【ウェルネスダイニング】です。ウェルネスダイニングは、日本初の栄養バランスサブスクで、食事療法の専門家が作ったレシピが多数あります。ウェルネスダイニングのメリットやデメリットを見てみましょう。

 

ウェルネスダイニングのメリット

  • 食事療法の専門家が作ったレシピで、糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病の予防や改善に効果的である。
  • カロリー、塩分、糖質などの栄養素が表示されているので、自分の食事の摂取量を管理しやすい。
  • 食材は国産や有機などの高品質なものを使用している。
  • 1食分から注文できるので、無駄になる心配がない。
  • 配送エリアは全国対応で、冷凍で届くので長期保存ができる。

 

ウェルネスダイニングのデメリット

  • 価格は1食分約1,000円と他のサブスクに比べて高めである。
  • メニュー数は週に約10種類と他のサブスクに比べて少なめである。
  • 定期購入の場合は、注文締め切りが配送日の2週間前と早めである。
  • 調理方法はレンジで温めるだけでなく、フライパンやオーブンなどを使う場合もある。

 

ウェルネスダイニングは、栄養バランスを考えたサブスクです。食事療法の専門家が作ったレシピで、生活習慣病の予防や改善に効果的な食事ができますが、価格やメニュー数、調理方法などに注意が必要です。無理なく健康的な食生活を送りたい方におすすめです。

 

無添加食品にこだわったお惣菜宅配サブスク【お惣菜Okawari】

無添加食品にこだわったお惣菜宅配サブスクとは、添加物や化学調味料を使わないお惣菜を自宅に届けてくれるサービスのことです。無添加食品にこだわったお惣菜宅配サブスクの中でも、特に人気なのが【お惣菜Okawari】です。お惣菜Okawariは、国産の野菜や肉、魚などを使った手作りのお惣菜を提供するサービスで、毎日の食卓に彩りと栄養をプラスします。お惣菜Okawariのメリットやデメリットを見てみましょう。

 

お惣菜Okawariのメリット

  • 添加物や化学調味料を使わないお惣菜で、安全で安心な食事ができる。
  • お惣菜は約100種類以上あり、和・洋・中・エスニックなどの多彩なジャンルがある。
  • お惣菜は冷凍で届くので、レンジで温めるだけで食べられる。
  • お惣菜は1品から注文できるので、好きなものを選べる。
  • 配送料は無料で、配送エリアは全国対応である。

 

お惣菜Okawariのデメリット

  • 価格は1品約400円と他のサブスクに比べて高めである。
  • 定期購入の場合は、注文締め切りが配送日の1週間前と早めである。
  • お惣菜はごはんや汁物などの主食や副菜は含まれないので、別途用意する必要がある。
  • お惣菜は冷凍で届くので、解凍や保存に注意が必要である。

 

お惣菜Okawariは、無添加食品にこだわったお惣菜宅配サブスクです。添加物や化学調味料を使わないお惣菜で、安全で安心な食事ができますが、価格や注文締め切り、主食や副菜の用意などに注意が必要です。無添加食品にこだわりたい方や、お惣菜の種類や量を自由に選びたい方におすすめです。

 

「めんどくさい」を解消!おかずからごはんまで手間いらずのサブスク【ワタミの宅食ダイレクト】

「めんどくさい」を解消したい方におすすめなのが、おかずからごはんまで手間いらずのサブスクです。おかずからごはんまで手間いらずのサブスクとは、おかずとごはんがセットになった弁当や定食を自宅に届けてくれるサービスのことです。おかずからごはんまで手間いらずのサブスクの中でも、特に人気なのが【ワタミの宅食ダイレクト】です。ワタミの宅食ダイレクトは、ワタミが提供する食事宅配サービスで、和食を中心としたバランスの良いメニューが多数あります。ワタミの宅食ダイレクトのメリットやデメリットを見てみましょう。

 

ワタミの宅食ダイレクトのメリット

  • おかずとごはんがセットになった弁当や定食で、食事の準備や片付けが不要である。
  • メニューは約200種類以上あり、和食を中心としたバランスの良い食事ができる。
  • 食材は国産や無農薬などの高品質なものを使用している。
  • 食事は冷凍で届くので、レンジで温めるだけで食べられる。
  • 配送料は無料で、配送エリアは全国対応である。

 

ワタミの宅食ダイレクトのデメリット

  • 価格は1食分約600円と他のサブスクに比べてやや高めである。
  • 定期購入の場合は、注文締め切りが配送日の2週間前と早めである。
  • メニューは和食を中心としているので、洋食やエスニックなどの好みに合わない場合もある。
  • 食事は冷凍で届くので、解凍や保存に注意が必要である。

 

ワタミの宅食ダイレクトは、おかずからごはんまで手間いらずのサブスクです。おかずとごはんがセットになった弁当や定食で、食事の準備や片付けが不要な食事ができますが、価格や注文締め切り、メニューの嗜好などに注意が必要です。「めんどくさい」を解消したい方や、和食が好きな方におすすめです。

【目的別】自分にピッタリの食事サブスクを選ぼう

【目的別】自分にピッタリの食事サブスクを選ぼう

 

一人暮らしをしていると、自炊するのが面倒だったり、栄養バランスが偏ったり、食費がかさむことがありませんか?そんな悩みを解決してくれるのが、ご飯のサブスクリプションサービスです。ご飯のサブスクとは、毎月定額で食事が届くサービスのことで、自分の好みや目的に合わせて選べます。今回は、一人暮らしにおすすめのご飯サブスクを、自炊が苦手な人、栄養素バランスが気になる人、食費を節約したい人、便利さを求める人の4つのタイプ別に紹介します。それぞれのサブスクのメリットやデメリット、注意点も解説しますので、ぜひ参考にしてください。

 

自炊が苦手な人、栄養素バランスが気になる人向けのサブスク

自炊が苦手な人や、栄養素バランスが気になる人におすすめなのは、栄養士監修の食事が届くサブスクです。これらのサブスクは、カロリーや塩分、糖質などの栄養素を管理しながら、バランスの良い食事を提供してくれます。また、食材や調理法にもこだわっており、添加物や保存料を極力使わない、無農薬やオーガニックの食材を使用する、電子レンジで温めるだけで食べられるなどの特徴があります。自炊が苦手な人や、栄養素バランスが気になる人は、以下のサブスクをチェックしてみてください。

 

ウェルネスダイニング

ウェルネスダイニングは、栄養士が監修した健康食が届くサブスクです。160種類以上の豊富なメニューから、自分の好みや目的に合わせて選べます。カロリーや糖質、塩分などの栄養素も表示されており、管理しやすいです。また、食材は国産や無農薬、オーガニックなどにこだわり、添加物や保存料は一切使わないというこだわりようです。電子レンジで温めるだけで食べられるので、手間いらずです。ウェルネスダイニングのメリットとデメリットは以下の通りです。

 

 

メリット デメリット
  • 栄養士が監修した健康食が届く
  • 豊富なメニューから選べる
  • 食材や調理法にこだわっている
  • 電子レンジで温めるだけで食べられる

 

  • 料金がやや高め(1食あたり約500円~)
  • 配送エリアは全国対応である。ただし、沖縄県と離島は除く。
  • 注文は前月末までにしなければならない

 

ウェルネスダイニングは、栄養士が監修した健康食が届くサブスクです。豊富なメニューから選べて、食材や調理法にもこだわっています。電子レンジで温めるだけで食べられるので、手間いらずです。ただし、料金はやや高めで、配送エリアや注文期限に注意が必要です。

 

noshナッシュ

noshナッシュは、低糖質・低塩分の食事が届くサブスクです。ダイエットや健康管理に最適なメニューが揃っており、1食あたりの糖質は10g以下、塩分は2g以下に抑えられています。また、食材は国産や無添加、無農薬などにこだわり、調理法も油や砂糖を使わないという徹底ぶりです。電子レンジで温めるだけで食べられるので、簡単です。noshナッシュのメリットとデメリットは以下の通りです。

 

 

メリット デメリット
  • 低糖質・低塩分の食事が届く
  • ダイエットや健康管理に最適なメニューが揃っている
  • 食材や調理法にこだわっている
  • 電子レンジで温めるだけで食べられる
  • 料金が高め(1食あたり約700円~)
  • 配送エリアは全国対応である。ただし、沖縄県と離島は除く。
  • 注文は前月末までにしなければならない

 

noshナッシュは、低糖質・低塩分の食事が届くサブスクです。ダイエットや健康管理に最適なメニューが揃っており、食材や調理法にもこだわっています。電子レンジで温めるだけで食べられるので、簡単です。ただし、料金は高めで、配送エリアや注文期限に注意が必要です。

 

食費を節約したい人、ダイエットを考えている人向けのサブスク

食費を節約したい人や、ダイエットを考えている人におすすめなのは、食材やレシピのサブスクです。これらのサブスクは、食材やレシピが届くサービスで、自分で調理する必要があります。しかし、その分、料金は安く抑えられており、1食あたり約200円~300円程度で済みます。また、ダイエットにも向いており、カロリーや糖質、塩分などの栄養素も表示されており、管理しやすいです。さらに、食材は無駄にならないように計量されており、調理時間も短くて済むというメリットもあります。食費を節約したい人や、ダイエットを考えている人は、以下のサブスクをチェックしてみてください。

 

キットオイシックスKit Oisix

キットオイシックスKit Oisixは、オーガニックや無農薬の食材が届くサブスクです。食材は安全性や品質にこだわっており、農家や生産者の顔が見えるという特徴があります。レシピは、栄養士や料理家が監修したもので、カロリーや塩分などの栄養素も表示されています。また、調理時間は15分以内で済むという手軽さも魅力です。キットオイシックスKit Oisixのメリットとデメリットは以下の通りです。

 

 

メリット デメリット
  • オーガニックや無農薬の食材が届く
  • 食材の安全性や品質にこだわっている
  • 栄養士や料理家が監修したレシピが届く
  • 調理時間は15分以内で済む
  • 料金がやや高め(1食あたり約300円~)
  • 配送エリアが限られている(関東・関西・中部・東北・九州の一部)
  • 注文は前月末までにしなければならない

 

キットオイシックスKit Oisixは、オーガニックや無農薬の食材が届くサブスクです。食材の安全性や品質にこだわっており、栄養士や料理家が監修したレシピが届きます。調理時間は15分以内で済むので、手軽です。ただし、料金はやや高めで、配送エリアや注文期限に注意が必要です。詳しくは[こちら]をご覧ください。

 

YOSHIKEI(ヨシケイ)

YOSHIKEI(ヨシケイ)は、国産や安心の食材が届くサブスクです。食材は、国産や安心のものを厳選しており、産地や生産者の情報も公開しています。レシピは、栄養士や料理研究家が監修したもので、カロリーや塩分などの栄養素も表示されています。また、調理時間は10~40分以内で済むという手軽さも魅力です。YOSHIKEI(ヨシケイ)のメリットとデメリットは以下の通りです。

 

 

メリット デメリット
  • 国産や安心の食材が届く
  • 産地や生産者の情報が公開されている
  • 栄養士や料理研究家が監修したレシピが届く
  • 調理時間は10~40分以内で済む
  • 料金がやや高め(1食あたり約300円~)
  • 配送エリアが限られている(関東・関西・中部・東北・九州の一部)
  • 注文は前月末までにしなければならない

 

YOSHIKEI(ヨシケイ)は、国産や安心の食材が届くサブスクです。産地や生産者の情報が公開されており、栄養士や料理研究家が監修したレシピが届きます。調理時間は10~40分以内で済むので、手軽です。ただし、料金はやや高めで、配送エリアや注文期限に注意が必要です。

 

便利さを求める人、毎月の食費を安定させたい人向けのサブスク

便利さを求める人や、毎月の食費を安定させたい人におすすめなのは、惣菜や冷凍食品が届くサブスクです。これらのサブスクは、惣菜や冷凍食品が届くサービスで、自分で調理する必要がありません。その分、料金は高くなりますが、1食あたり約400円~600円程度で済みます。また、毎月の食費を安定させることができます。さらに、惣菜や冷凍食品は、保存期間が長く、好きな時に食べられるというメリットもあります。便利さを求める人や、毎月の食費を安定させたい人は、以下のサブスクをチェックしてみてください。

 

ワタミの宅食ダイレクト

ワタミの宅食ダイレクトは、ワタミのレストランの味が楽しめる惣菜が届くサブスクです。ワタミの人気メニューをはじめ、和食や洋食、中華などのバラエティ豊かな惣菜が届きます。また、食材は国産や安心のものを使用しており、添加物や保存料は極力使わないというこだわりようです。電子レンジで温めるだけで食べられるので、簡単です。ワタミの宅食ダイレクトのメリットとデメリットは以下の通りです。

 

 

メリット デメリット
  • ワタミのレストランの味が楽しめる惣菜が届く
  • バラエティ豊かな惣菜が届く
  • 食材にこだわっている
  • 電子レンジで温めるだけで食べられる
  • 料金が高め(1食あたり約500円~)
  • 配送エリアが限られている(関東・関西・中部・東北・九州の一部)
  • 注文は前月末までにしなければならない

 

ワタミの宅食ダイレクトは、ワタミのレストランの味が楽しめる惣菜が届くサブスクです。バラエティ豊かな惣菜が届き、食材にもこだわっています。電子レンジで温めるだけで食べられるので、簡単です。ただし、料金は高めで、配送エリアや注文期限に注意が必要です。詳しくは[こちら]をご覧ください。

 

お惣菜Okawari

お惣菜Okawariは、手作り感のある惣菜が届くサブスクです。惣菜は、毎日変わるメニューで、和食や洋食、中華などの多彩なジャンルがあります。また、食材は国産や安心のものを使用しており、添加物や保存料は一切使わないというこだわりようです。電子レンジで温めるだけで食べられるので、簡単です。お惣菜Okawariのメリットとデメリットは以下の通りです。

 

 

メリット デメリット
  • 手作り感のある惣菜が届く
  • 毎日変わるメニューが届く
  • 食材にこだわっている
  • 電子レンジで温めるだけで食べられる
  • 料金が高め(1食あたり約600円~)
  • 配送エリアが限られている(関東・関西・中部・東北・九州の一部)
  • 注文は前月末までにしなければならない

 

お惣菜Okawariは、手作り感のある惣菜が届くサブスクです。毎日変わるメニューが届き、食材にもこだわっています。電子レンジで温めるだけで食べられるので、簡単です。ただし、料金は高めで、配送エリアや注文期限に注意が必要です。

 

一人暮らしの高齢者も安心な食材宅配サブスク

一人暮らしの高齢者も安心な食材宅配サブスク

 

一人暮らしの高齢者にとって、食事は健康や生活の質に大きく影響する重要な要素です。しかし、買い物や料理に手間がかかったり、食欲が低下したり、噛む力や飲み込む力が弱くなったりすることで、食事の量や質が低下してしまうこともあります。そんなときに便利なのが、食材宅配サブスクです。食材宅配サブスクとは、定期的に食材や調理済みの食事を自宅に届けてくれるサービスのことです。食材宅配サブスクを利用することで、以下のようなメリットがあります。

  • 買い物や料理の手間が省ける
  • 栄養バランスのとれた食事がとれる
  • 好きな時に好きなだけ食べられる
  • 食材の無駄が減る
  • 見守りや安否確認の機能もある

しかし、食材宅配サブスクにはさまざまな種類や特徴があります。どのサービスを選ぶかは、自分の好みやニーズに合わせて決める必要があります。そこで、この記事では、一人暮らしの高齢者向けの食材宅配サブスクの中から、特におすすめのサービスを紹介します。また、食材宅配サービスの便利さと栄養バランスについても解説します。一人暮らしの高齢者の方や、ご家族の方はぜひ参考にしてください。

 

一人暮らしの高齢者向けの食材宅配サブスク

一人暮らしの高齢者向けの食材宅配サブスクは、以下のような特徴を持つものがおすすめです。

  • 少量から購入できる
  • システムが複雑でない
  • 継続しやすい価格帯である
  • 減塩ややわらかい食事などの制限食がある

これらの特徴を満たす食材宅配サブスクの中から、特に評判の高いものを3つ紹介します。それぞれのサービスの特徴や料金、メニュー例などを比較してみましょう。

 

高齢者におすすめ【やわらかダイニング】の特徴

高齢者におすすめの食材宅配サブスクのひとつが、【やわらかダイニング】です。やわらかダイニングは、噛む力や飲み込む力が弱くなってきた方向けに、やわらかい食事を宅配するサービスです。やわらかダイニングの特徴は以下の通りです。

  • やわらかさで選べる3つの食事コースがある
  • 和洋中の多彩なメニューがある
  • 管理栄養士監修の栄養バランスに配慮した宅配弁当である
  • 魚料理は全て骨が抜き取られている
  • 冷凍弁当を電子レンジで温めるだけで食べられる

やわらかダイニングの料金は、食事コースによって異なります。以下の表にまとめました。

食事コース やわらかさ 1食あたりの塩分量 7食の料金 14食の料金 21食の料金
ちょっとやわらかめ宅配食 食材本来の食感を残しつつ、程よくやわらかめに仕上げた食事 2.2g以下 4,968円 9,828円 14,580円
かなりやわらか宅配食 お箸で簡単にほぐれる驚きのやわらかさの食事 1.8~2.1g 5,616円 10,692円 15,984円
ムースやわらか宅配食 お口の中で楽につぶせるやわらかさの食事 0.5~1.7g 5,616円 10,692円 15,984円

やわらかダイニングのメニュー例は以下の通りです。

  • ちょっとやわらかめ宅配食:鶏肉の甘酢あんかけ、ほうれん草のごま和え、かぼちゃの煮物、ひじきの煮物
  • かなりやわらか宅配食:豚肉の生姜焼き、ほうれん草の胡麻和え、かぼちゃの煮物、ひじきの煮物
  • ムースやわらか宅配食:鶏肉の甘酢あんかけ、ほうれん草のごま和え、かぼちゃの煮物、ひじきの煮物(すべてムース状に仕上げ)

やわらかダイニングは、噛む力や飲み込む力に不安のある高齢者の方におすすめの食材宅配サブスクです。やわらかい食事を通して、食べる楽しみや健康をサポートしてくれます。

 

食材宅配サービスの便利さと栄養バランスをチェック

 

食材宅配サービスは、一人暮らしの高齢者にとって、とても便利なサービスです。しかし、便利さだけでなく、栄養バランスも重要なポイントです。高齢者の食事に必要な栄養と、食材宅配サービスのメリットについて、以下のように説明します。

 

 

高齢者の食事に必要な栄養

高齢者の食事には、以下のような栄養が必要です。

  • タンパク質:筋肉や免疫力の低下を防ぐために必要な栄養素です。肉や魚、卵、大豆製品などに多く含まれます。
  • カルシウム:骨粗しょう症の予防や血圧の調整に必要な栄養素です。牛乳やチーズ、小魚、ほうれん草などに多く含まれます。
  • ビタミンB群:エネルギーの代謝や神経系の機能に必要な栄養素です。肉や魚、卵、穀物、緑黄色野菜などに多く含まれます。
  • ビタミンC:抗酸化作用やコラーゲンの生成に必要な栄養素です。柑橘類やキウイ、トマト、ブロッコリーなどに多く含まれます。
  • 食物繊維:便秘の予防や血糖値のコントロールに必要な栄養素です。野菜や果物、海藻、きのこ、豆類などに多く含まれます。

高齢者の食事に必要な栄養は、一般的な食事と同じですが、量や摂り方に注意する必要があります。例えば、タンパク質は1日に約60g摂ることが推奨されますが、一度に摂ると消化吸収が悪くなるため、1食に約20gずつ分けて摂ることが望ましいです。また、カルシウムは1日に約600mg摂ることが推奨されますが、牛乳やチーズなどの乳製品は脂質や塩分が多いため、過剰摂取に注意する必要があります。ビタミンB群やビタミンCは、水溶性のため、熱や水に溶け出してしまうことがあります。そのため、野菜や果物は生で食べたり、蒸したり、煮汁ごと食べたりすることが望ましいです。食物繊維は、水分と一緒に摂ることで効果が高まります。そのため、水やお茶などの飲み物を十分に摂ることが大切です。

 

食材宅配サービスのメリット

食材宅配サービスは、高齢者の食事に必要な栄養を摂ることに多くのメリットがあります。食材宅配サービスのメリットは以下の通りです。

  • 管理栄養士や料理人が考えた栄養バランスの良いメニューが届く
  • 食材や調理済みの食事が届くので、買い物や料理の手間が省ける
  • 好きな時に好きなだけ食べられるので、食事の自由度が高い
  • 食材の無駄が減るので、経済的にも効率的にも優れる
  • 見守りや安否確認の機能もあるので、安心感が高まる

食材宅配サービスは、高齢者の食事に必要な栄養を摂ることに多くのメリットがあります。しかし、食材宅配サービスにはさまざまな種類や特徴があります。どのサービスを選ぶかは、自分の好みやニーズに合わせて決める必要があります。この記事では、一人暮らしの高齢者向けの食材宅配サブスクの中から、特におすすめのサービスを紹介しました。食材宅配サービスを利用することで、食べる楽しみや健康をサポートしてくれます。一人暮らしの高齢者の方や、ご家族の方はぜひ参考にしてください。

 

まとめ

一人暮らしの高齢者におすすめの食材宅配サブスクについてまとめました。以下が主なポイントです。

  • 一人暮らしの高齢者にとって、食事は健康や生活の質に大きく影響する重要な要素です。
  • 高齢者の食事には、タンパク質やカルシウム、ビタミンB群やビタミンC、食物繊維などの栄養が必要です。
  • 食材宅配サービスは、高齢者の食事に必要な栄養を摂ることに多くのメリットがあります。
  • 一人暮らしの高齢者向けの食材宅配サブスクの中から、特におすすめのサービスは、やわらかダイニングです。

食材宅配サービスを利用することで、一人暮らしの高齢者も安くて美味しいご飯を楽しめます。ぜひ、食材宅配サービスを試してみてください。

 

 

参考文献:厚生労働省「高齢者の食事摂取基準(平成29年版)」

 

一人暮らしのご飯サブスクでよくある質問

一人暮らしのご飯サブスクでよくある質問

一人暮らしで一食いくらくらいかかる?

 

一人暮らしの食費は、自炊するか外食するか、食べる量や品目によっても大きく変わります。総務省が発表した2022年の家計調査によると、単身世帯の食費の平均は1カ月あたり4万3276円でした。これを1日3食に換算すると、一食あたり約480円ということになります。

 

しかし、この平均値には外食費や調理済み食品の費用も含まれています。自炊のみで食費を抑える場合は、一食あたり300円程度を目安にすると良いでしょう。一方、外食や出前を頻繁に利用する場合は、一食あたり1000円以上かかることもあります。

 

宅配食事サービスとは何?

 

宅配食事サービスとは、調理済みの食事を自宅や職場に配達してくれるサービスのことです。宅配食事サービスには、以下のような種類があります。

 

  • ミールキット:食材とレシピがセットになったもので、自分で簡単に調理できるもの。
  • 冷凍弁当:冷凍された調理済みの食事で、電子レンジで温めるだけで食べられるもの。
  • 冷蔵弁当:冷蔵された調理済みの食事で、電子レンジで温めるかそのまま食べられるもの。
  • 温めるだけの食事:冷凍や冷蔵ではなく、常温で保存できる調理済みの食事で、電子レンジで温めるだけで食べられるもの。

 

宅配食事サービスのメリットは、自炊の手間や時間を省けることや、栄養バランスやカロリーが管理された食事が食べられることです。また、食事の種類や量を選べたり、好きな日時に配達してもらえたりすることも魅力です。

 

一人暮らしで食費3万円は無理?

 

一人暮らしで食費3万円以内に抑えることは、無理ではありません。しかし、それには自炊を中心にした生活を送ることや、食費の管理や節約の工夫をすることが必要です。

 

一人暮らしで食費3万円以内にするためには、以下のようなポイントに気をつけましょう。

 

  • 食材の購入は安い時間帯や安い店舗を狙う
  • 食材の消費期限や在庫を管理して無駄にしない
  • 食材の保存方法や活用法を知って長持ちさせる
  • 一度に多めに調理して冷凍や保存する
  • 外食や出前は控えめにする
  • キャッシュレス決済やポイントカードなどを利用してお得に買い物する

 

自炊で食費はいくらかかる?

 

自炊で食費を抑えることは可能ですが、それには食材の選び方や調理方法に工夫が必要です。自炊で食費をかける場合は、以下のようなポイントに注意しましょう。

 

  • 高級食材や加工食品を避ける
  • 旬の食材や安い食材を使う
  • 一品で栄養バランスの取れた料理を作る
  • 余った食材や調理済みの食事を活用する
  • 電子レンジや炊飯器などを使って光熱費を節約する

 

自炊で食費をかけない場合は、一食あたり300円程度を目安にすると良いでしょう。これは、一人暮らしの食費の平均値(480円)よりも安く抑えることができます。例えば、以下のようなメニューであれば、一食あたり300円以内で作ることができます。

 

  • ご飯(100g):約20円
  • 味噌汁(具は豆腐とわかめ):約30円
  • 鶏胸肉と野菜の照り焼き:約100円
  • キャベツの千切りサラダ:約50円
  • バナナ:約50円
  • 水:0円

 

合計:約250円

 

自炊をせずに食費を抑える方法はある?

 

自炊をせずに食費を抑える方法としては、以下のようなものがあります。

 

 

  • コンビニやスーパーのお惣菜や弁当を利用する
  • 宅配食事サービスやご飯サブスクを利用する
  • カップ麺やレトルト食品などの保存食を利用する
  • インスタント食品や冷凍食品などの簡単調理食品を利用する

 

これらの方法は、自炊よりも手軽で時短になるメリットがありますが、デメリットもあります。例えば、以下のようなデメリットが考えられます。

 

  • 栄養バランスやカロリーが偏りやすい
  • 味付けや添加物が濃くて健康に悪影響を及ぼす可能性がある
  • 食事のバリエーションや満足感が低くなる
  • 食費が高くなる場合がある

 

したがって、自炊をせずに食費を抑える方法を選ぶ場合は、以下のようなポイントに気をつけましょう。

 

  • 栄養表示や原材料をチェックして、塩分や糖分、脂質などの摂取量を管理する
  • 野菜や果物などの生鮮食品を補うために、サラダやフルーツなどを併せて食べる
  • 食事の量や種類を調整して、食べ過ぎや食べ足りない感を防ぐ
  • 価格やサービス内容を比較して、自分に合った宅配食事サービスやご飯サブスクを選ぶ

 

一人暮らしの人は夕食にどれくらい時間をかける?

 

一人暮らしの人が夕食にかける時間は、自炊するか外食するか、調理の難易度や手間によっても異なります。一般的には、自炊する場合は30分から1時間、外食する場合は15分から30分程度が目安となります。

 

しかし、これはあくまで平均的な時間であり、個人の好みや生活スタイルによっても変わります。例えば、以下のような場合は、夕食にかける時間が長くなる可能性があります。

 

  • 調理が得意で楽しいと感じる人
  • 食事をゆっくり味わいたいと思う人
  • 食事の時間をリラックスタイムとして活用したい人
  • 食事を友人や家族と一緒に楽しみたい人

 

一方、以下のような場合は、夕食にかける時間が短くなる可能性があります。

 

  • 調理が苦手で面倒だと感じる人
  • 食事をさっさと済ませたいと思う人
  • 食事の時間を他の用事に割り当てたい人
  • 食事を一人でさみしく感じる人

 

夕食にかける時間は、自分の好きなように決めて構いませんが、以下のようなポイントに注意しましょう。

 

  • 食事の時間を短くする場合は、栄養バランスや食事の量を十分に確保する
  • 食事の時間を長くする場合は、食べ過ぎや飲み過ぎに気をつける
  • 食事の時間を楽しむ場合は、食事の内容や雰囲気を工夫する
  • 食事の時間をリラックスタイムとする場合は、食事以外のストレスを減らす

 

自炊と外食どちらが安い?

 

自炊と外食のどちらが安いかは、食べる量や品目、店舗やサービスによっても異なります。一般的には、自炊の方が外食よりも安く済むと言われていますが、必ずしもそうとは限りません。

 

例えば、以下のような場合は、自炊よりも外食の方が安くなる可能性があります。

 

  • 食材の値段が高い場合
  • 食材の消費期限が短い場合
  • 食材の量が多すぎて余らせてしまう場合
  • 調理に必要な道具や調味料が揃っていない場合
  • 外食で割引やクーポンを利用できる場合
  • 外食で安いランチや定食を選ぶ場合

 

一方、以下のような場合は、自炊の方が外食よりも安くなる可能性があります。

 

  • 食材の値段が安い場合
  • 食材の消費期限が長い場合
  • 食材の量を調整して無駄にしない場合
  • 調理に必要な道具や調味料が揃っている場合
  • 自炊でポイントやキャッシュバックを得られる場合
  • 自炊で簡単で安いレシピを選ぶ場合

 

したがって、自炊と外食のどちらが安いかは、一概には言えません。自分の食費の目標や予算に合わせて、自炊と外食のバランスを考えることが大切です。

 

一人暮らしの食費を節約するにはどうしたらいい?

 

一人暮らしの食費を節約するには、以下のような方法があります。

 

  • 食費の予算を決めて、家計簿やアプリで管理する
  • 食材の購入は安い時間帯や安い店舗を狙う
  • 食材の消費期限や在庫を管理して無駄にしない
  • 食材の保存方法や活用法を知って長持ちさせる
  • 一度に多めに調理して冷凍や保存する
  • 外食や出前は控えめにする
  • キャッシュレス決済やポイントカードなどを利用してお得に買い物する
  • 宅配食事サービスやご飯サブスクを利用する

 

これらの方法を実践することで、一人暮らしの食費を節約することができます。しかし、食費を節約することが目的ではなく、健康や幸せを感じることが目的であることを忘れないでください。食費を節約するだけでなく、食事を楽しむことも大切です。